まちづくり、危機管理、IT、食、人材育成、経営改革そして地域と日本を考える
ブログ

海外事情

フランス篇――その1 アルザス① ストラスブール

フランス篇――その1 アルザス① ストラスブール カールスルーエからTGVで45分程度、ライン川の国境をあっさりと超えて次の駅がストラスブール。もちろんパスポートチェックはない。ただ言葉がドイツ語からフランス語に変わり、 …

ドイツ篇――その1 ハイデルベルグ①

ドイツ篇――その1 ハイデルベルグ① 行きはフランクフルト行きの全日空便。最新鋭のB777。全日空の食事はエコノミーでもレベルが高い。白身魚のグラタンか豚角煮ご飯。品数が多いのが日本人にはうれしい。ラングドックのワインも …

フランス領バスクの国境に近いリゾート地サン・ジャン・ド・リュズSaint Jean de Luzーーーその2グラン・オテル・ロレアマールGrand Hotel LoreamarとメインダイニングRoseWood

フランス領バスクのサン・ジャン・ド・リュズのリゾートホテル、グラン・オテル・ロレアマールGrand Hotel Loreamar、そのメインダイニングRoseWoodは、レストラン・ガイドのゴー・ミヨの評価も高いので、夕 …

フランス領バスクの国境に近いリゾート地サン・ジャン・ド・リュズSaint Jean de Luzーーーその1市街地と日曜マルシェ

サン・ジャン・ド・リュズはフランス領バスクでもかなりスペイン寄りのリゾート都市です。ボルドーからSNCFのTGVか普通列車で2時間半、なぜかどちらでもほぼ同じ所要時間です。宿泊先のホテルは「グラン・オテル・ロレアマールG …

フランス領バスクの国際海洋リゾート地ビアリッツBiarritzーーーその2 海岸と市街地を歩く

ビアリッツのレストラン・ラトリエ L`Atlierから住宅地をしばらく歩いて、美しく豪華な建物が続く街の中に入ると、間もなく街の中心部で、ビーチへ降りていく道があります。 オテル・デュ・パレの建物が見え、白い砂浜のグラン …

フランス領バスクの国際海洋リゾート地ビアリッツBiarritzーーーその1 レストラン ラトリエ L`Atlier

ビアリッツはフランス領バスクにあるフランス大西洋岸最大のリゾート地です。日本では地中海側のニースなどに比べて知名度は低く、「地球の歩き方」には1ページの記載があるだけですが、19世紀以来、この街は多くのヨーロッパ各国の王 …

« 1 2 3 4 »
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 上村章文のWEBSITE All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.